しぶんけん製作日記

ここは東京学芸大学創作視聴覚文化研究部の製作日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑記@フライガエシ

久しぶりの雑記です。

3/25,26にNintendo Switchで発売予定のSplatoon2の試射会(体験版配信)が行われました。
全世界同時配信だったため、4:00〜4:59,12:00〜12:59,20:00〜20:59の1日3回、2日間で合計6回の時間限定配信でした。
私はこの日のために3/3のNintendo Switch発売日に初回生産分を購入、3/25,26に行われていたAnime Japanへの参加を断念しました。しかし、普通に予定が入ってしまったため、1,2,4回目にしか参加することができませんでした。非常に悲しいかったです。

今回の試射会で注目されていたポイントは主に
①新ブキ マニューバー
②新ステージ
③新スペシャルウェポン
④各ブキの細かな動作チェンジ
の4点でした。

①新ブキ マニューバー
前作ではなかった二丁拳銃タイプのブキです。さらにこのブキの特徴は、持ち手の部分から逆噴射する形でインクが出るので、それを利用してスプラトゥーン初の回避アクションを実装しました。回避をした後、少々固まるというハンデがありますが、回避後は二丁とも照準が1点に重なり、威力が増します。その点に気をつけながらプレイしました。やはり今回の試射会ではマニューバーを使う人が多く、バランスが悪かったですね。塗りとしては強いものの、回避アクションにまだ慣れることができなかったので、発売後には極めたいです。

②新ステージ
試射会では、新ステージとして「バッテラストリート」「フジツボスポーツクラブ」の2つでプレイすることができました。ステージはランダムでした。最初の印象として、2ステージとも塗れない壁が多い、広いという印象を受けました。前作でのヒラメが丘団地やデカライン高架下に似ていた気がします。まだステージマップも覚えていないため、何度か迷いました。また、敵陣に行けない空間がありました。ジョットパックで飛べば行けるかもしれませんが。

③新スペシャルウェポン
2ではスペシャルウェポンが一新されるということで、その中から4種登場しました。
「マルチミサイル」は、ロックオンした相手を自動追尾型の弾丸が飛んで行きます。一度に4人までロック可能です。中々大量にロックオンするのは難しいので、ステージ全体が見渡せる時に前作のトルネードのような感覚で使うのがよさそうです。
「ハイパーツプレッサー」は、高圧のインクを発射し、遠くの敵を倒せるというスペシャルウェポンです。最大の特徴は高圧すぎて壁すらも抜けるという点です。もはや反則。自陣壁裏に逃げ込んだチャージャーとかを殺れます。ただ、非常に重くて動かすのが困難でした。
「ジェットパック」は、インクの逆噴射を利用して飛び上がり、空中からランチャーでインクを飛ばせるスペシャルウェポンです。スプラトゥーンにおいて、初めて空中戦という概念が誕生しました。ただ、とても目立つので狙い撃ちされます。また、敵がジョットパックで飛び上がった後に自分もすかさずスペシャルを使い、空中戦に持ち込むというのはとてもとても楽しかったです。もはや違うゲームでした。
「スーパーチャクチ」は、足元に大量のインクを叩きつけながら着地するというものです。イカジャンプと合わせて利用することもできます。前作で多く発生していた沼の対策だと思われます。エフェクトが入ってからチャクチまでの時間が短いため、避ける側は急がないと即死にます。

④各ブキの細かな動作チェンジ
今回の試射会では「スプラシューター」「スプラローラー」「スプラチャージャー」「スプラマニューバー」の4つのブキから選ぶことができました。ローラーチャージャーには新しいアクションが増えていました。
ローラーには新しくタテ振りというアクションが増えました。ジャンプしながらローラーを振るとタテに振ることができます。通常より遠くまでインクを飛ばすことができます。前作よりもスラッシャーに近い戦い方ができるようになりました。
チャージャーには新しくチャージャーキープという機能が付きました。前作までではチャージをした後にイカになるとチャージはリセットされていました、今作からは少しの間キープすることができるようになりました。私はチャージャーが大嫌いなので、本当に戦いづらくなりました。また、この機能によりもしかしたらスクイックリンor竹勢は衰退するかもしれません。

その他、ジャイロ感度やカメラ感度なども細かく調整することができました。SwitchのコントローラーはWii Uゲームパッドと比べるとだいぶ軽いので、ジャイロ感度について研究の余地があると思いました。
また、ツイッターでも話題になってましたが、前作からジャンプボタンがXからBに変更されていた&Switchゼルダ勢がジャンプしようとして間違えてXボタンを押してマップが出るという事案が多発していました。マップを出してしまうと視界がとてもとても悪くなってしまうので、目の前に敵がいる状態で間違えてマップを出してしまうと確実に死亡でした。製品版ではボタンカスタマイズ機能が追加されることを心から願っております。

発売は夏ということで、まだまだ時間があるのでたくさんの追加要素があることを期待してます。本当に楽しみです。

長くなってすみませんでした。
以上です。
スポンサーサイト
[ 2017年03月31日 18:07 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

雑記と制作日記@和む方

こんにちは。雑記書きます。最近は♯コンパスというゲームにハマっています。ヒーローと呼ばれるキャラクターたちを操って戦いながら、ポータルと呼ばれる拠点を取り合う陣地取りゲームです。スプラトゥーンを想像していただけると分かりやすいです。自分が使っているキャラクターは遠距離攻撃型のヒーローで、近距離攻撃型、防御力の高いタンクの後ろから支援射撃でキルを稼いでいます。なかなか楽しいので暇な方はぜひインストールしてみてください。それでは
[ 2017年03月06日 11:12 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

雑記@ゆーふぉ

今日は部室でハトクラ会なるイベントが行われたので、そのことについて少し書きたいと思います。

1試合目は普通にランダマイザを回してやりました。いたずら妖精と魔法のランプで不運がこれでもか!
というくらい撒かれて超長期戦になってしまいました...
オウカ立てようと思ってデッキ組んでたら先に立てられて死にました。(でも4人目レインシオンが大分頑張ってくれたよ!)

2試合目からはプレイする4人が3枚ずつ好きなカードを選び、
プレイしない人が10枚になるように調整して作ったサプライで遊びました。
この方法が中々おもしろく、皆使いたいカードを積極的に書いていったので全く使われないカードがない状況でした。
みんなもこの方法試してみてね!

5人で計4試合やったので大分充実した1日となりました。
[ 2017年02月19日 23:17 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

雑記@ポーク巻五郎

こんにちは!ポーク巻五郎です。

2月12日のコミティアで、しぶんけんの有志が作り続けている学園シミュレーションゲーム「秋空のコンチェルト」のバージョンアップ版を頒布しました!

今回の、秋空のコンチェルトver.2.0は、今までの秋空のコンチェルトに新ルートや新イラストが追加されました!
新ルートでは、クラスメイトの一人であるミドリちゃんが文化祭の準備に来られなくなっても、再び文化祭準備に参加してもらうことができるようになりました。けっこう難しいルートらしいので、ぜひチャレンジしてみてください。

今までに秋空のコンチェルトをインストールしてくださった方は、無料でバージョンアップできます!公式ホームページからダウンロードして新しい秋空のコンチェルトをプレイしましょう♪
[ 2017年02月13日 11:02 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

雑記@フライガエシ

雑記です。
テストとレポートに追われています。
そんな中、最近ライブに行った話をしたいと思います。

1/27 リスアニ!ライブ 2017 CROSS STAGE
LiSA目当てで行ってきました。LiSAとkalafinaの対バンというスタイルのライブでした。
Fateシリーズでつながりのある2アーティスト。やはりFate曲でのコラボが多かったです。LiSAが他のアーティストとコラボするのを初めて見たので新鮮でした。
そして何より、初めて一番の宝物を生で聴けて感動しました。ガルデモの中でこの曲が一番好きなので、このライブに行って本当に良かったと思いました。
やっぱりLiSAは最高でした。次に会えてるは5月にあるSMEライブなので、楽しみにしています。

1/28 ワルキューレ2ndライブ ワルキューレがとまらない
マクロスΔに登場する、戦術音楽ユニットワルキューレの2ndライブに行ってきました。ワルキューレ楽曲は好きな曲ばかりで、直前に発売された新曲もすごいかっこいい曲だったので、楽しみにしていました。いままでの楽曲もほとんど歌ってくれて、濃密なセットリストでした。しかし、なんといってもこの日1番激アツだったのは、アンコールでサプライズ登場された中島愛さんの星間飛行でした。ランカちゃん×フレイアの星間飛行…。きっとこの日しか聞けない幻の曲になったと思います。

1月は他にもアニマックスミュージックス大阪に行ったりなど、ライブを満喫した月でした。当分ライブは控えようと思います。お金がありません。

以上雑記でした。
[ 2017年02月03日 00:24 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

雑記@いせや

 先日ギルティギアシリーズの最新作が発表され、それのロケーションテストに行ってきました。行ったタイミングが良かったのか20分待たずにできたので五回ほどやってきました。追加された新キャラクターが動いているのを見るだけで感動ものでしたが、やはりゲームセンターで対戦するのは楽しいなと改めて思いました。家庭用のネット対戦もいいのですが、なんというかゲーセンでやったほうが「熱」があるように感じます。単純に遅延がないというだけでありがたいですし。
 新しいゲームバランスについては賛否両論あるようですが、まだ動き始めたばかりなので文句を言う段階ではないのではと思いながら眺めています。たぶんどんな調整してもどこからか文句が出るので開発の人は大変だなと思いました。
[ 2017年01月23日 11:05 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

雑記(と制作日記)@和む方

こんばんは。週末にキングダムハーツ2.8を購入し早速部室に持ってきました。今後は部室の格ゲーマー音ゲーマーの目を盗みつつちょこちょことやっていきたいと思います。現在はトラヴァースタウン、まだ始めたばっかり。
それから週末にはナイトウィザード3rdというゲームのキャンペーンをやってきました。自分のクラスは強化人間・箒機士。箒という名の鎧に搭乗しつつ高速戦闘することをテーマにしております。具体的には驚異の係数6を誇る≪ソニックアサルト≫を軸に物理攻撃を範囲に巻きます。今後の成長方針は行動値を上げていき、レベル5の時点での場面攻撃か二回攻撃を目指していきます。スロットも拡張していかなければならないので忙しい忙しい。

ゲームは相変わらずマップ作りなう
[ 2017年01月16日 18:59 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

制作日記兼雑記@ヒラ

進捗ないです。終わり。

――――――――――
企画に関する制作日記のみだとこうなってしまうので、雑記一体型の制作日記としてみた次第であります。(ただ雑記制作日記両方押し付けられてめんどくさかったからなんじゃ……)
ただ実際、企画としての制作は進んでないですが、個人としての制作意欲はとても高いです。
最近は専ら「僕の考えた最強の日常系」考察および制作をしています。なので今回は「日常系」について雑記的な観点と制作日記的な観点の両面から考察していきたいと思います。誰も「企画に関する」制作日記を書けとはいってないからね!(ドヤッ

――――――――――
「日常系」と言ったら個人的には「ごちうさ」「きんモザ」「のんのん」を思い浮かべるのですがどうでしょうか。三大日常系作品といったら何か、という議論はインターネットの各地で行われていますね。この中で私が特にはまったのが「ごちうさ」でした。
そこで「ごちうさ」の何が面白いのか、「日常系作品」とはどのような構成によってなされていて、私がはまった原因はどこにあるのかということに興味を持ちました。そこできらら系アニメ、きららキャラット、きららMAXほかを自分なりに研究したところ、日常系作品についていくつか成果が得られました。概要としては以下のようにまとめられます。

①日常系作品は「題材」「コメディ」「心情描写」から成り立ち、その配分が作品の特色を決定づける。
「NEWGAME!」は「題材」が中核、「キルミーベイベー」は「コメディ」が中核で評価を得た作品である。「ごちうさ」は「心情描写」が中核である。

②「題材」は「興味」を、「コメディ」は「継続性」を、「心情描写」は「中毒性」を司り、その作品を読む意欲につながっている。
「ごちうさ」は秀逸な「心情描写」によって私のような中毒患者を生み出しているのだろう。

③私の好きな「日常系作品」の定義は「目標のない環境下において登場人物の心情を会話によって推測できる作品」と」できる。
日常系作品が一方の性別のキャラクターしか出ないのは、「恋愛」が「目標」になってしまうためであろう。


以上の点から自分の好きな日常系作品が定義できました。そこで現在は自分の好きな日常系作品「ごちうさ」を中心に、
①日常系を構成しているキャラクターの相互関係性 ②キャラクターの外見的特色 ③上記3要素を60コマにおいてどのように組み立てているのか ④3要素を際立たせる表現技法 をさらに研究しています。

最終的には「僕の考えた最強の日常系漫画」を制作するのが目標です。題材としては自身の経験を適度に生かせる教育実習とかどうでしょうか。実習を作品化するにあたって乗り越えなければいけない障害を把握しながら、キャラクター(指導観?)・長期的な計画(単元計画?)・一話の具体的な展開(本時の指導案?)を現在絶賛製作中です。興味を持っていただいた方はいろいろアドバイスしていただけると嬉しいです。


――――――――――
今年もまた1年が終わりますね。皆さま、良いお年を。
[ 2016年12月26日 12:44 ] カテゴリ:制作日記 | TB(0) | CM(0)

雑記@あっ☆つん

こんばんは、お久しぶりですあっ☆つんです。

少し前に代替えがあり、今年度は1年生が(ほぼ)いないということで視文研在籍1年と半分にして副部長に就任する流れとなりました。
がんばるマン!

さて、最近はというとWHITE ALBUM2(VITA)をちまちまプレイしております。
ネタバレになってしまうので細かい描写は避けますが、とにかく主人公がやばい。
何を言っているのかわからないと思いますがやばいです。
内容も純愛もののゲームをプレイしてきたピュアなオタクとしては心に刺さるシーンや描写が多く、色々と考えさせられる作品です。
大体プレイし終わりましたが、まだ全てではないのでとりあえず全回収を目指してプレイを進めていきたいと思います。
[ 2016年12月23日 17:05 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

【重要・漫研しぶんけん双方へ】クリコンの出欠締め切りについてのご連絡

先日クリスマスコンパに関する連絡を手紙でさせていただいたのですが、その出欠の締め切り日が明記されておりませんでした。申し訳ありません。
締め切りは12/15(今週木曜日)の昼頃とさせていただきます。出席連絡をまだしていない方は、お早めの連絡をお願いします。
[ 2016年12月15日 18:30 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

しぶんけん

Author:しぶんけん
東京学芸大学創作視聴覚研究部
何をやってるのかなぁって言うブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。