FC2ブログ

しぶんけん製作日記

ここは東京学芸大学創作視聴覚文化研究部の製作日記です。
しぶんけん製作日記 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  コミケ報告+雑記@いせや

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コミケ報告+雑記@いせや

だいぶ前の話になってしまいましたが、夏コミに参加してきました。
文芸誌企画の本、くーもどんといっしょ、秋空のコンチェルトを頒布しましたがそれぞれ10部ずつほど買っていただくことができました。ありがとうございます。
冬コミに参加できればになりますが、次回はもっといいものを並べられるようにしておきたいですね。
簡単ですがコミケ報告は以上です。


それで、以前の雑記に最近はまっているゲームのギルティギアについて書きましたが、今回もギルティギアについて書こうと思います。ゲームを知っている人向けの文章ですので知らない人は飛ばすか「へーギルティギアってこんなんなのね」程度にさらっと読んでください。
今回は私の持ちキャラであるシン・キスクについて書こうと思います。使い方ではなく主に対策の方を書こうと思っています。「シンの必殺技ずるい」とか「ぶっこわれ」とか言われることがあるのでそんなことはないよと言いたい記事です。

・シンの基本の立ち回り
シンというキャラクターの最大の特徴は「必殺技を必殺技でキャンセルできる」ということです。これにより高火力を実現していますが、反面必殺技を撃つたびに減る「カロリーゲージ」(通称「肉ゲージ」)がゼロになると大きな隙をさらすというリスクも抱えています。リーチに優れるビークドライバー、有利フレームをとれるエルクハント、無敵技のホークベイカーなど強い必殺技が揃っているのもシンが強いといわれていた要因です。
遠Sやビークで牽制、跳ぶ相手にはブルや判定の強い6Pなどを振りつつ、HPゲージの三分の一は持っていけるコンボにもっていくのがシンの基本の狙いです。
テンションゲージ、肉ゲージが共に半分以上あるときに遠Sに引っかかるとその時点でフルコンボが確定。ブルバッシュがカウンターヒットしていてもフルコンボ、高さによりますが対空の6Pからもフルコンボと食らってはいけない技が多すぎるように感じますがそれはどのキャラも同じなので不平はなしで。
シンの基本コンボは「遠S→(ビーク)→エルク→ビーク」。ビークをガードしたからって安心していると下段が飛んできます。気を付けましょう。

・シンの弱点
肉ゲージとテンションゲージが十分にあるシンはぶっちゃけ最強です。下手に跳び込んだりするとやられます。しかし、シンは肉ゲージの存在により必殺技で固め続けるということが不可能なので、肉ゲージが枯渇するのを待てばいいのです。肉ゲージが黄色になったらチャンス。距離を詰めてください。シンが攻め手を緩めたのを見て一度逃げる人もいるのですが、攻めてください。肉ゲージがない状態で攻められるとシンは何もできません。特にテンションゲージもバースとゲージもない状態で肉が切れると、シンが肉を食べるには足払いを当てるしかなくなります。この状況に持っていけることは稀ですが、肉のないシンは必ず攻めてゲージを吐かせましょう。肉を咎めることがシン対策の第一歩です。
ビークとエルクという必殺技の存在により、シンは地上戦で最強の部類に入ります。一方で、やたらと跳ぶ相手は苦手だったりします。しかし、下手に跳ぶとブルバッシュに引っかかったり(運が悪いとフルコン)読まれて普通に6P対空されます。空中戦を仕掛けてシンの気を上に向かせたうえで地上戦を挑みましょう。低姿勢突進技を持っているキャラはビークを避けながら進めるので比較的近づきやすいと思われます。
加えて、シンはやられ判定が大きいうえに防御が低いので攻め続ければ意外と早くつぶれます。

・シンの必殺技
めんどいので全部は書きません
1、ビークドライバー
低姿勢で潜れます。壁際でタメビークで圧をかけられることがありますが、焦ってジャンプして上りに引っかかると死ねるのでガードが安定です。アプデで硬直が長くなりましたが、タメの方は変わっていないのでお気を付けを。
2、エルクハント
有利フレームとれる技。頑張って直ガしてください。これを直ガされるとシンはかなりキツイです。ちなみにアプデで硬直が伸びてバースト確定するようになりました。
3、ブルバッシュ
コンボの中継と、跳びを咎めるのにつかわれる。中段で見てからガードが余裕。空中にいる時はこれを見てからフォルト張れるようになっておきましょう。むやみに遠くから空ダするとこれに引っかかるので注意。発生が遅く硬直も長いので、バックステップで避けると反撃がしやすい。
4、R・T・L
一度目をガードできたからって安心しないように。カイのライドと違って方向転換できます。


飽きたのでこのへんで。
割と肝心なとこ書いてなかったり知識が若干古めだったりと突っ込みどころはあるけど許してください。というか誰かアドバイスください。アプデしてからシンキツイ。ベッドマン死すべし。

スポンサーサイト
[ 2016年09月04日 22:51 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しぶんけん

Author:しぶんけん
東京学芸大学創作視聴覚研究部
何をやってるのかなぁって言うブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。